テイルズ・オブ・切手の値段

殆どの切手買取業者では、プレミア切手として扱われる切手の買取の受け入れも行っています。

念のため、プレミア切手について説明すると、明治から昭和の戦後あたりの時代の切手を指し、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。


とてもレアなものなので10枚以上としてでなくバラであっても高値が付く可能性もないとは言えません。

通常の場合、切手というものは郵便物に貼られ消印が押され、自身の役目を果たすと不要になるものです。


普通はそうですが、その様な使用済み切手であっても、もしもデザインだったり、希少性だったりにバリューがあると認められたケース、高値で買い取られるということもあり得ます。


万が一、あなたの手元にある古い切手の価値がよく分からないという場合、買取の鑑定士に古い切手の価値を見てもらいましょう。

良好な状態で保管されていた、昔の記念切手なんかの場合、予想できない様な値段で買取が成立することもあります。

そういったレアな切手では、初めにしっかり鑑定を行う鑑定買取がベターです。


店舗のみならず、インターネットでもできて、プライスが分かった上で、売ろうか売るまいか決められます。


切手を業者に買取して貰う時、通常、額面の料金そのままでなく、何パーセントか安い値段で買取してもらう必要があることが多くあります。


しかし、数ある切手の中には、コレクションとしてのバリューがあるものが存在し、高額で買い取りに至るなんて場合もあります。

珍しい切手のバリューは買取に出す前に多少は理解しておくことをお勧めします。

収集した珍しい切手が大量にある場合、ご自身で業者に行かれるのではなく、出張してきてもらい、買い取ってもらうというやり方が、賢い買い取りのコツです。

ここ最近では切手の買取だけを専門的に行っているという業者も出てきており、出張買取に積極的な会社も増加しています。


出張買取の利点というと、店に行く時間を省くことが出来て、ゆっくり時間をかけ、査定を行ってもらえるという点です。


通常は切手のバリューはものすごく高い値段になるということはあまりなく普通の枚数の切手を買取に出した際、税金のことを考慮する必要はありません。

しかし、切手の中でも額面の価格以上に高価な価値のあるものがあり、そういったものをいっぺんに売ろうとしたケース、思いがけず高値になり、場合によっては税金を申告しなければならなくなることもあります。

通常だと切手を買い取ってもらう場合は、売る予定の切手を買取業者に持ち込む店頭での買い取りが一般的でしたが近年は買取の際に出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者も珍しくありません。


たくさんの切手を売りたいという時に、業者まで持ち込むというのは楽なことではありません。


その他にも、ご自宅から鑑定士まで距離がある場合は、時間と交通費を抑える意味でも出張や宅配を通して買取をしてもらうのがベターです。


切手のような多数収集することが多いものは、それらすべてを一回で実際に業者に直接行って店頭で買取してもらうとなると、その分、査定に時間を要するのでかなりの時間待たなくてはならなくなることもあり得ます。

そんなことを視野に入れると、インターネットで切手の鑑定を受けることは家に居ながらにして、何をしていても手続きが可能で、有効活用できます。


使ってないし、今後も使う予定のないような切手が手元にあるならばおすすめなのは、買取専門業者に買い取ってもらう方法です。


鑑定士によって買い取り額にバラつきがあるので、高値で買い取ってもらいたければ、最初に、査定依頼を行い、金額を比べることをお勧めします。

それ以外にも、時期によって相場が一定でないので、買取表を公開しているようなインターネットサイトで確認してみましょう。


レアな切手や、各種付加価値ありの切手は、手元に置くより現金化したいとしたら同じものでも、コンディションの良し悪しをみていくらで買い取ってもらえるかが決まります。


このことを考えると、現状のままどんな業者にも認められるようマニアの間で価値があると思われる切手を売ることに挑戦するならば、珍しい切手の保管状況はどうなっているか、チェックを怠らないでください。