分で理解する

大掃除やお節句の時期になるたびに、箪笥で眠っている着物や浴衣類を整理したいと思うのですが、形見の品でもあるしと思うと、ついに処分できずじまいでした。


ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、驚きました。


和服を着たい人って多いんですね。

買取実例を見ると結構高額で、そこはやはりエキスパート店ですから、着物の価値をきちんと把握してくれるところが気に入りました。


天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。

着なくなった着物を整理したいと思いつつ、どこに持ち込んだらいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ネットの着物買取サービスをご存知でしたら、それを利用すると手軽で良いと思います。

ネットで査定・買取依頼をすると、宅配便の送料が0円になったりするのでお得ですね。

また、思い入れのある高価な着物を売るのなら、きちんとバリューのわかるお店に査定してもらうことが大事です。

古着同然のバリューでは困りますからね。


着物の買取ではじめに突き当たる壁、それはたくさんの買取業者の中から絞り込むのにどうすれば良い業者を探せるのか、見当がつかないことです。


今はネット検索で業者がいくらでも見つかり、ランキングサイトまである世の中なので迷うのが当然だと思います。


多くの古着屋で着物や浴衣の買取も行っていますが、価値があると思う着物なら、着物や浴衣の専門店に持って行く方がいいでしょう。


専門店だからこそ、着物の知識、経験が十分な鑑定人の目を通せるので価値を十分に評価してもらえるでしょう。

着物買取の業者さんはみんな似ているような気がしますが、ネット専業の『スピード買取.jp』は、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。


専用の無料ダイヤルで電話代を気にせず問合せ・相談できますし、オペレーターが365日(24H)応対してくれるので、自分の時間に合わせて相談できるんです。


相談は、スマホを含む携帯電話からの通話にも対応しています。


出張査定のほかに宅配便や持込もOKで、おまけに査定やキャンセル料金は無料。


利用しやすい業者さんだと思います。


たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなど併せて買取可能です。


とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

これは下着と考えられるため着用されたものは誰も買わないためです。

襦袢を買い取ってもらえる例として、素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは業者によっては買い取りの可能性があります。


遠慮せず、一度鑑定してもらうと良いですね。


もう着なくなった古い着物や浴衣や帯などが、私の実家には多く保管されています。

保管状態の良いものと悪いものがあったものの、そんな着物でも値段はつきました。

最近の着物買取というのは、ある程度のシミであれば、会社お抱えの染み抜き専門家が対応するそうで、問題視しないで買い取るそうです。


そうはいっても、シミがあれば買取額には響きます。


リユースで古着に抵抗感がなくなってきたせいもあり、着物を買い取ってくれる専門業者が増えています。


業者はネットで簡単に探せますが、もっとも気になるのは、着物買取を謳いながら、着物を騙し取ったり、貴金属との抱合せで押し買いするなどの違法行為を行ってトラブルになっている業者もあるそうで、古物商の認可ぐらいは確認したほうが良さそうです。


最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、絹物の友禅や紬などは意外な高額鑑定になることもあり、モノがわからないときは鑑定で見てもらいましょう。


ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、もともとの価格が低いせいもあって、仮に買い取るとしても安かったり、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、買取価格がつくことも多いと思います。


着物買取の注意点です。


査定では着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。


もとは最高級の着物だったとしても、鑑定のとき、汚れやカビが見つかれば絶対高値はつかないのが仕方ないと思ってください。

それでも、何とかきれいに落とせるなら買取の交渉もできるかもしれません。


素人が決めるのは得策ではありません。


0円で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。

和服は高価だし思い入れもあるもの。


処分するときにも、信頼できそうなところでないと、買い叩かれてしまうこともあります。

よくある和服買取業者への苦情といえば、相場を無視した安値とか、訪問査定で家に居座られて断れなかったなどがあります。


まず業者のクチコミ情報などを集め、鑑定依頼すると良いでしょう。


梱包前に写真を撮っておくのもトラブル防止に役立ちます。