学研ひみつシリーズ『布団クリーニングのひみつ』

まとめて引越しの見積もりを今まで利用したことがありませんでした。

たくさん問い合わせする時間が省けて、めんどくさくありませんでした。


利用した後、引越しと宅配クリーニング業者の複数から、見積りのためにお会いしたいと連絡がありました。

ブッキングしないようにすり合わせるのが悩みました。

そろそろ引っ越しの日が近づいてきたけれど、エアコンの扱いについて何も決められずにいる、などというような問題を抱えている人は、意外と大勢いるようです。


エアコンという家電は意外と扱いが難しいものです。

取り外しや取り付けも、知識がないと失敗するおそれがありますし、では、電気屋に来てもらうべきか、引っ越し会社に取り外してもらう方が安くつくのか、そして、引っ越しと宅配クリーニング先での取り付け工事はどうするか、といったように、考えることが多くて迷います。

エアコンに関しては、専門家に任せるのが一番確実ですから、エアコンサポートセンターなどに利用について、問い合わせてみるといいでしょう。


引っ越しと宅配クリーニングの業者の一つとして、日本通運(日通)は「引っ越しは、日通」のキャッチコピーとともに、引っ越し事業が広く知られるようになっています。

一般家庭向けの引っ越しと宅配クリーニング業者やクリーニング店を調べたとき会社名は引越社、引越センターに決まっていた思い込みがあったかもしれません。


ですが、今は運送会社の多くが家庭向けの引っ越しと宅配クリーニングサービスに参入しています。


とりわけ、日通のように運送会社としても有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。

引っ越しと宅配クリーニング業者に頼む場合でも、自分で梱包をやっておけば、比較的、料金を低くすることができます。


それとともに、実際に引っ越しと宅配クリーニングに掛かる時間も短くなり、ほかの行動に移れるようになります。


CMやサイトなどの宣伝ですべてお任せくださいと喧伝している引っ越しと宅配クリーニング業者やクリーニング店でも実のところはほかにもいろんなパターンのプランが用意されていますので、自分でプラン内容をしっかり調べてみることをおすすめします。


社会人になりたての頃、学生の時からの友達と一緒に一時住んでいました。


ほとんどはペットを飼えないアパートで、友達のところに猫がいたので猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。


二人で不動産屋に相談し、やっとのことで物件が見つかりました。


引っ越しもすぐに済ませて私たち二人も、そして猫も喜びました。


転居する際、大型自動車を停めたり、一時的に荷物や布団や洋服や布団や衣類を通路に置いたりするため、事前に隣近所の家に挨拶に行くのが一般的です。

車の出し入れや通行に差し障るので、あらかじめ了解を得ておくとその後のトラブルも防げます。

引越し業者やクリーニング店に任せた時は、そのような事も代わりに行ってくれます。


兵庫県の布団クリーニングをお探しなら

これまで何度も引っ越しをしてきていますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。


「壊れやすいものは、絶対に他人に任せるな」です。


ちょっと大手の引っ越しと宅配クリーニング業者に運んでもらった荷物や衣類のうち、気付いてみると、一つの箱のいくつかの食器が欠けていました。

割れたものが、自作のおジャケットケースだったりしたため、「まさか」と思い、衝撃を受けました。


ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、もうクレームをつける気にはなれませんでした。


そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。


新しい住居に越してくる際、設置の場所に、かなり気をつけたい家電が洗濯機、というのは間違いないでしょう。


洗濯機はほぼ毎日、水をたくさん使いますし、十中八九、水道の近くに置くことになるでしょう。


そういった場所にある洗濯機のまわりは、湿気がたちこめ、それにまた、洗濯機からの排水溝から水漏れが起こると大変ですから、常に湿気を排除するための換気と、水漏れ対策を不備の無いようにしておきましょう。


我が家の洗濯機はドラム式なんです。


以前、転勤で少し距離のある引っ越しと宅配クリーニングを経験しています。

引っ越してきた日、荷物や布団や衣類が届けられましたが、濡れているダンボールを発見しすぐに業者に電話をしました。


その原因は、洗濯機のホースに残っていた水で、何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。


その状態のままでずっとトラックで運んできてしまいました。


荷台まで水は流れていきませんでしたから、特に害も無かったのですが、ホースの中に残った水を抜く、ということは考え付かなかったのでもし次の機会があれば、その時は気を付けたいです。


私たち一家が新居に引っ越したときは、当時1歳になる子供がいました。

1歳児とはいえ何かと変わったことを感じていたようで戸惑いながら少しずつ慣れていったのがわかりました。

案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機にもう使わないものを片付けていきました。


何かと整理する中で母子手帳を見つけて読み返してみました。


一年くらい前の様子も、とても懐かしいと思ったのを覚えています。