糖尿病の合併症の1つで目に起こる病気が「糖尿病網膜症」です。

日本には現在糖尿病の人が糖尿病予備軍の人までいれると2,000万人以上もいると言われています。


そのため糖尿病網膜症になる可能性がある人もたくさんいる私たちにとって身近な病気なのです。


その原因は、食生活やライフスタイルが欧米化したこと、ストレスを抱えやすい社会環境などにあると言われています。


糖尿病の三大合併症と言われているのは「糖尿病腎症」、「糖尿病神経症」、そして「糖尿病網膜症」です。


定期的に検診を受けて早期発見、早期治療をすれば病気の進行を抑えられます。


糖尿病網膜症は、糖尿病によって目の中にある組織の網膜が障害を受けてしまい、その結果として視力低下を引き起こしてしまう病気です。


成人後に失明する主な原因となっている「緑内障」と共に「糖尿病網膜症」も大きな原因の1つとなっています。


糖尿病網膜症が原因の失明は「中途失明」とも言われています。


今まで目の見えていた人が人生の途中で突然視力を失ってしまうからです。


小さい頃から見えない人はそれを補う様々な手段を身につけているのですが、40代、50代になって突然見えなくなってしまうと状況の変化になかなか対応できません。


まして40代、50代など働き盛りの年代が突然視力を失ってしまう。


とても怖い病気です。


網膜は目の中に届く光を刺激として受け取って脳の視神経へ伝える組織です。


網膜は0.2mmくらいの膜状の組織で眼球の大部分を占める硝子体を3分の2くらい覆っています。


動脈血管や静脈血管がたくさんあり、さらに光や色などを感じ取る神経細胞もたくさんある場所です。


網膜内の血管はとても細いため、糖尿病になって高血糖状態が続くと血液中にブドウ糖が過剰になってしまい血管が損傷を受けてしまいます。


血管が徐々に詰まってきたり、変形してきたりして出血してしまいます。


この症状が糖尿病網膜症です。


糖尿病網膜症は、糖尿病の進行状況によって大きく影響を受けます。


糖尿病は膵臓の分泌するホルモンの「インスリン」が不足したり、働きが悪くなったりすることで起こります。


インスリンは、食べ物として体内に摂取したブドウ糖を全身の細胞へ届け活用させる大切なホルモンです。


この働きが低下してしまうと血液中にあるブドウ糖が全身の細胞へ取り込まれなくなってしまって高血糖状態が続いてしまうのです。


高血糖の状態が続いてその結果網膜内の血管に障害が出てしまう、それ糖尿病網膜症です。


糖尿病患者の40%もの人に糖尿病網膜症の症状が見られます。


アフターピルと低用量ピルと超低用量ピルの違いについて調べてみました