マスクの歴史

今では、マスクをしている人を当たり前のように見かけますが、
大人の場合、子供のころマスクをする習慣がない人が多かったのではないでしょうか。


花粉症などの影響もあり、ここ10年ほど使い捨てマスクをする人を見かけるようになったと思います。


ざっくりですが、マスクはいつ、なぜ誕生し、今のような使い捨てマスクが使用されるようになったのか、調べてみました。


マスクの歴史は大正年代に始まりました。


工場内での粉塵よけとして作られ、「工場マスク」と呼ばれていました。


そのころのマスクは、真ちゅうの金網を芯に、布地をフィルターとして取り付けて作られました。


しかし、このますくは工場用という特殊な用途に限られ、息によってさびてしまうなど耐久性の面でも問題があり、一般には普及しなかったようです。


 ところが1919(大正八)年にインフルエンザが大流行すると、その予防品としてマスクが注目を集めました。


 このときの需要はブームともいえるもので、供給が追いつかずメーカーが乱立し、質の悪いマスクがつくられたようです。


現在の新型コロナウィルスの状況と同じですね。


その後、関東大震災までは需要も落ち着き、徐々に普及していきました。

 
最初のころは、金網をセルロイドに変えたものやさらに、フィルターとなる生地の改良も進み、当初、黒朱子だけが使われていたものが、べッチン製、皮製なども現れるようになっていった。


1934(昭和9)年にインフルエンザが猛威をふるい、再びマスクが流行しました。


以後、インフルエンザがはやるたびに、マスクの出荷量も爆発的に増えていきました。


それとともに、さまざまな工夫も重ねられ、枠のない布地やガーゼが使われるようになるなど、次第にその形を変えていきました。

 
やがて花粉症の流行により、再び注目を集めるようになります。


 フィルターにもハイテクが応用され、細菌などを防ぐ静電フィルターなどが開発されました。

 現在の形になったのは、昭和23年ごろからです。


1948年(昭和23年)ごろに ガーゼが家庭用マスクに使用され、 現在の「平型マスク」が誕生 しました。


2003年(平成15年)ごろ 不織布が家庭用マスクに使用され、 現在のプリーツ型、立体型のマスクが登場 (不織布の活用が、飛躍的にマスクの性能を向上)しまいた。


不織布とは、字のごとく織るのではなく、化学的な作用によって接着された布のことです。


そして、今のような使い捨てマスクが作られるようになったのです。