ストレスが過敏性腸症候群の原因

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は一般的にいって活動を促進す
るように働き、副交感神経は活動を休ませるように働きます。


例えば、呼吸や循環の機能は交感神経の作用によって、その動きが活発になります。


ところが、胃腸や膀胱は交感神経によらず、副交感神経の作用によってその働きが活発に
なります。

仕事や運動をしている時には交感神経が活発になっていますから、消化吸収や
排便、排尿は起こりにくくなっているのが普通です。


しかし、ストレスなどに影響されて、視床下部からの指令に狂いが生じると仕事中や運動
中でも大腸や膀胱の動きが活発になることがあります。


これは交感神経と副交感神経が正常に働かなくなったために起こります。


つまりこれは自律神経の失調状態です。


この状態では、胃腸だけではなく自律神経が支配する様々な器官においてその働きが乱れ
ます。


血圧の変動が見られたり、動機やめまいなど様々な体の不具合が出るようになります。

ストレスが過敏性腸症候群の原因であるといわれている理由が、これで何となくわかって
きましたでしょうか?

IBS【過敏性腸症候群】下痢型を改善するサプリ・漢方薬・市販薬って?