切手の値段まとめサイトをさらにまとめてみた

大体の切手買取業者は、プレミア切手と呼称される切手の買取も承っています。

プレミア切手とはどのようなものかというと明治から昭和の戦後あたりの時代の切手を指し、「見返り美人」とか「月に雁」というものがよく知られています。


とても珍しいものなので、シートとしてでなくバラであっても買取価格が高くなる見込みがあります。


使ってないし、今後も使う予定のないような切手が手元にあるならばおすすめなのは、買取専門業者に買い取ってもらう方法です。

依頼する業者により買い取り金額はまちまちですから高値で買い取ってもらいたければ、とにかく、鑑定をしてもらった結果を比較するべきです。


その他にも、時期に合わせて相場も変わっていくため、ホームページに買取表が掲載してあるところもありますので一度チェックしてみてください。

年賀はがきでお年玉くじの番号を調べると、だいたい毎年切手が当たるので気がつくと意外に貯まっていました。


はがきの他には電子メールで用件が済んでおり、年賀切手を貼るような文書はなく、珍しい切手は使わないままだったのです。


金券ショップなら切手も買い取ってくれると知り、貯めておいた珍しい切手を休みの日に持っていきました。


身分証明書の提示の他、書類を読んで署名させられましたが、郵便局ではがきに換えるよりはいいお金になったので少しリッチになりました。


意外に、切手集めを趣味にしている人がずいぶんいます。

買い取り市場では、意外なものが額面には関係なく高価なプレミアがつくということもあります。


どんな買い取りでもそうですが、価格は業者によって変わるので合法的に高い値段で手持ちの切手を売ろうとすれば、あちこちの鑑定士の鑑定を受けられるようにして、一番高値をつけるところを探してください。


古くても状態よく保存されていたような記念切手等では買取プライスが驚くような額になることもあります。


そういったレアな切手では、第一に鑑定買取をお勧めします。


店頭はもちろんの事、ホームページ上でも行うことが出来、値段を教えてもらってから、売るか否か決断を下すということが可能です。


自宅に届けられた郵便物に思いがけず貼られているのが珍しい珍しい切手ということがあります。


もしそういう切手であれば、買い取ってもらいましょう。

「でもこれ消印押してあるから駄目なんじゃないの?」という方も大丈夫ですが、新品の切手と比較した場合、買い取ってもらう額は下がります。


値打ちのありそうな切手が見つかったら、鑑定士に買い取ってもらってみてください。

実は貴重な切手だったなんてこともあるかもしれませんよ。


切手のうち旧価格の物を持っていて、新しいプライスの切手に換えてもらう時にはそれら二者の差額はもちろんですが、それに加え、別に手数料が必要です。

10円以上の切手であれば5円が、1枚当たりの手数料となり、10円未満の切手ならば、両者の合計を半分にした料金を手数料として支払うことになります。


新規に購入してしまった方が、得をする場合もありますし、下手をすると切手買取業者へ売った方がいいという場合もあります。


切手を業者に買取して貰う時、一般的には切手料金から数パーセント引いて買い取ってもらう場合が多いです。


ところが、切手と言っても収集家にとって魅力的な切手は価値があり、高額で買い取りに至るなんてケースもあります。


あなたが売りたい切手のバリューは多少は知っていた方が無難です。

実際に切手を買取してもらうケース、買取業者に切手を持っていくという方法だけではなく、「宅配買い取り」してもらう方法もあります。

その方法を利用する時には「宅配って送料がかかるんじゃないか」と心配かもしれませんがご安心ください。

無料になる場合があり、他にも梱包材の提供までしてくれたりする買取鑑定士も多数存在しています。


ただ、ある程度の量を買取に出すという場合でなければ、前述の方法は該当しない可能性もあるので事前の確認が必要です。

国内でどう使っていいかわからない海外珍しい切手ですが、外国特有の珍しいデザインである程度の人気を集めており、ことのほか収集している人の多い切手だったりします。


ですから、買い取っている鑑定士も数的には少なくはないのですが、希少価値が高額にないものだったり、ただ集められただけの不揃いなコレクションは受け入れられないことも多いです。