いつだって考えるのは昔の硬貨買取のことばかり

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高騰していると聞いたので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。


コインと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったなどの話は昔からよく聞かれます。


もちろん、両者は別物です。

古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度でお札製品の買取を申し出てくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。


ですが、対処法もあります。


金買取の訪問購入に対しては、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができると覚えておいてください。


悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。

初めての金買取。

良い買取店を見極める方法で最初は迷うものですよね。

いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、利用客としては当たり前の話です。


いいお店を選ぶ時の要点は、口コミやレビューなどでの評価です。


ここで評価が高い店であれば、トラブルと無縁のちゃんとした店であるのが容易に見て取れます。

金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年への利用規制が原則としてあります。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないと思った方がいいでしょう。


僅かながら、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


青森県の昔の硬貨買取について

この場合でも、18歳を超えていたとしても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。

最近、硬貨の価格が上がっていると聞いたので、タンスの奥に眠っていたコイン製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。

日常の生活の範囲内にも、金でできていたり、一部に金が使われている製品がそこかしこに潜んでいるものです。


その代表的なものが金歯です。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。


豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。

意外な形での臨時収入も夢ではないので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは買取店に持ち込んでみるのも一興です。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


金製品にはほぼ必ず、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


数値が大きいほど、純度の高い金です。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントと解釈してください。


金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により販売や買取における価格が大きく変わるのです。


世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、これを新たな商機と見て、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。

その時は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。


ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


数日と経たない内に、査定の金額と確認の連絡が来て、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。