びたみんD

日常生活の食事のときに摂取したほうが良い栄養があり、その中でもビタミン類は積極的に摂取したほうが良いと言われていますが、不足してしまうと病気になりやすくなるビタミンDを摂取しましょう。


ビタミンDはカルシフェロールという脂溶性のビタミンであり、食事で摂取することができますが、ある程度の紫外線を浴びることによって体内で作ることができると言われています。


そしてビタミンDは骨の形成と成長を促すカルシウムと密接な関係があると言われており、カルシウムの吸収を助ける作用がありますので、ビタミンDを摂取すれば骨の形成と成長を促すことにつながるのです。


また紫外線を浴びることで皮膚の脂肪に作用してビタミンDが作られるのですが、紫外線を浴びるのは1日に15分くらいでも十分と言われていますので、浴び過ぎによるシミやソバカスには気を付けましょう。


こうしたビタミンDを摂って骨の形成と成長を促すカルシウムの効果を更に強くしてみましょう。